医療の質の評価・公表等推進事業 > 公表

平成27年度事業に対する外部委員からの考察

奈良県立医科大学 健康政策医学講座 教授 今村知明

 

 平成26年7月、全国自治体病院協議会の医療の質の評価・公表等推進事業は開始されました。この事業は、平成26年度から3年連続で厚生労働省「医療の質の評価・公表等推進事業」に採択されています。自治体病院は民間より遅れているという誤ったイメージを払拭したいとの全国自治体病院協議会の思いから、自治体病院における医療の質の向上を図ること、そして地域で自治体病院が担う役割を見える化することでその重要性を再確認し、さらなる充実を図ることを目的として取り組まれています。参加病院には年4回フィードバックされています。

 参加病院数は、平成26年度は115病院、平成27年度には161病院で増加しており、指標に対する自治体病院の関心の高さが伺えます。

 
 評価・検討組織は、臨床指標評価検討委員会とその下に作業部会が設けられています(図1)。委員会では、臨床指標の設定、データの評価・公表、当事業における課題の分析、改善策等の検討を行っており、非常に厳しい議論の中で活発に意見が交わされていることは高く評価できます。また作業部会では、臨床指標データの集計結果の分析などの実務的な作業もしっかりなされているほか、調査・統計に関する勉強会も積極的に行い、自治体病院の医療の質をうまく評価しようとする心意気が感じられます。

 評価の指標はプロセス指標とアウトカム指標の両方を含んでおり、一般病院では22指標、精神科病院は15指標あります。これら各指標を自治体病院の役割から、生活支援、地域貢献、医療連携、診療の質の4つに分類しています(図2)。平成26、27年度は同じ指標で評価されました。また、精神科病院についても質の評価指標を作っていることは大変独創的であり、高く評価できます。一般的に精神科病院の評価は難しいといわれており、このような評価を実施しているのは全国自治体病院協議会だからこそ、自治体病院だからこそ実現できたことだと考えます。

 

 データ入力については、記入者の負担削減のために努力を惜しまない姿勢が感じられます。入力支援のためのマニュアルやソフトが用意されており、説明会や入力支援サポートも行われるなど支援体制が整っています。

 指標は、入力支援ソフトに数字を入れ込むだけで自動計算されるようになっており、また資料には計算式が分かりやすく図示され、分子に代入する数字と分母に代入する数字の定義が明確にされています。項目の留意点もまとめられており、記入者が迷わずデータ入力できるよう工夫されています(図3、図4)。

 
 評価結果は年4回、全自病のホームページに一般公表されています。分かりやすく集計されており、全体の中で自病院の立ち位置が一目で分かるよう工夫されています。また、一般の方にも理解しやすいよう指標の説明も添えられています。

 平成28年10月には富山県での学会シンポジウムにおいて病院からの報告が行われるなど優良事例の横展開が期待されます。

 

 評価結果からいくつか所感を述べさせていただきますと、一般病院退院患者の在宅復帰率は平均85.9%と高い値を維持しており、自治体病院が地域の患者の健康を支えていることが読み取れます。脳梗塞入院1週間以内のリハビリ強度からは急性期のうちからリハビリを開始しており患者の早期回復を支援していることも伺えます。

 精神科の逆紹介率では、総合病院よりも精神科単科病院が低い傾向にあり、精神科医療の特徴がよく表れています。また、より専門的な精神科医療を必要とする患者が単科病院に入院している現状も数字にみることができます。

 クリニカルパス使用率(患者数)からは一般病院が平均41.3%なのに比べて、精神科病院は平均20.8%と半分になり、精神科でのクリニカルパスが発展途上にある現状が反映されています。

 平成26年度と27年度の2年間参加している病院群での比較からは、紹介率、逆紹介率、院内精神科受診率、パス利用率(患者数)で数値の上昇がみられ、褥瘡発生率、転倒転落発生率で数値の低下がみられています。数字に見える化したことで、各病院が改善の方向性を見出して努力されたことが伺えます。

 

 平成28年度からは、新たに一般11指標、精神8指標を追加し、一般32指標、精神23指標として行うことになりました。また、平成28年度から一部の指標についてはツールを使用してEFファイルからデータを迅速に取り出せるよう入力支援面も強化されています。

 

※追加指標について

●一般:入院患者満足度【看護】、手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率、脳卒中連携パスの使用率、脳梗塞ADL 改善度、誤嚥性肺炎の摂食指導実施率、誤嚥性肺炎再入院率、急性心筋梗塞バイアスピリン処方率、急性心筋梗塞急性期PCI 実施率、急性心筋梗塞急性期PCI 実施患者死亡率、慢性心不全ACE 阻害薬またはARB 処方率、糖尿病入院栄養指導実施率

●精神:入院患者満足度【看護:精神科再掲】、クロザピン処方実人数(入院)、クロザピン処方実人数(外来)、電気痙攣療法延べ人数(入院:全麻)、電気痙攣療法延べ人数(入院:全麻以外)、作業療法延べ人数(入院)、作業療法延べ人数(外来)、訪問看護延べ人数(外来)

 

 本事業については、既存の医療の質の評価指標から選抜して取り込んでいますが、既存だけでなく独自の指標も多く設定されています。特に精神科における指標はこれまであまり例がなく、素晴らしい取り組みです。また、少しでも記入者の負担減に繋がるようにと調査側で努力されていること、指標の意味を評価委員会がよく理解していることなどからみて、今後この評価指標がより良いものになるだろうと大きな期待を寄せています。自治体病院の医療の質の更なる向上と、地域の健康のために役立てていただければ幸いです。



 

(図3) 【数式の定義例】 指標の定義[version3.1]より


(図4) 【留意点の例】 入力支援資料[version3.1]より