表彰関係 > 自治体立優良病院表彰

自治体立優良病院表彰

全国自治体病院開設者協議会及び公益社団法人全国自治体病院協議会では、自治体立の病院で、地域医療の確保に重要な役割を果たしており、かつ、経営の健全性が確保されている病院を表彰するため、昭和61年度から自治体立優良病院表彰を行っております。

自治体立優良病院表彰選考基準

全国自治体病院開設者協議会
公益社団法人全国自治体病院協議会

  1. 全国自治体病院開設者協議会と公益社団法人全国自治体病院協議会は、申請があった病院について一般病院と結核及び精神の病院に分け、それぞれから次の要領により優良病院としてふさわしい病院として認められた病院を選ぶものとする。

  2. 全国自治体病院開設者協議会及び公益社団法人全国自治体病院協議会会長による表彰(以下「両協議会会長表彰」という。)は、各都道府県自治体病院開設者協議会及び全国自治体病院協議会各都道府県支部から推薦された調書を基に、経営努力の成果がみられ、かつ、地域医療の確保に重要な役割を果たしている病院を選考する。選考に当たっては、次の基準に合致していることとする。

    表彰年度の前々年度以前5ヶ年間の各年度において収支(経常損益ベース)の均衡が図られ(前年度においても収支の均衡が見込まれること)、表彰年度の前々年度において不良債務がないこと。

    • 他会計繰入金が各年度における地方公営企業繰出金に係る通知に定める額を超えている場合にあっては、その超過額を控除して計算を行うものとする。
    • 2以上の病院を経営している団体の病院にあっては、当該病院のみの経営であった場合を仮定し算出した場合の額とする。
    • 地域医療の確保に重要な役割を果たしていることについては、次の事項を踏まえ、総合的に判断するものとする。
        (ア) 救急医療の実施状況
        (イ) 保健衛生活動の状況
        (ウ) 他の医療機関との連携の状況
        (エ) 高度・特殊・先駆的医療の状況
        (オ) へき地医療の状況
    • 精神科病院については、他会計繰入金、職員給与費の割合等を踏まえ総合的に判断するものとする。
    • 地方独立行政法人病院については、法人化以前からの通算も可とする。
    • 指定管理者の管理する病院については、当該病院を開設する地方公共団体の特別会計のうち当該病院に係るものと当該病院に係る指定管理者の決算を合算したものや地域医療確保のための貢献等を踏まえ総合的に判断するものとする。

  3. 両協議会会長表彰を受けた病院は、原則として10年度以内には再び表彰を受けることはできないものとする。

  4. 総務大臣による表彰へ推薦する病院は、原則として既に会長の表彰を受けた病院で、総務省が定める自治体立優良病院選考基準に合致し、総務大臣の表彰を受けるにふさわしい病院として推薦があった病院の中から選ぶものとする。

 

令和5年度 自治体立優良病院会長表彰について

 【表彰日時】

令和5年6月15日

■被表彰病院

  • 千葉県   地方独立行政法人総合病院国保旭中央病院
  • 神奈川県 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立循環器呼吸器病センター
  • 静岡県   地方独立行政法人静岡県立病院機構静岡県立総合病院
  • 石川県   公立穴水総合病院
  • 福井県   福井県立病院
  • 京都府   京都中部総合医療センター
  • 山口県   光市立大和総合病院



年度別表彰病院数

※「総務大臣表彰」、「両会長表彰」をクリックすると過去の被表彰病院が表示されます。

年度総務大臣表彰両会長表彰
昭和61年度 6 22
昭和62年度 5 12
昭和63年度 5 17
平成元年度 6 7
平成2年度 3 6
平成3年度 4 9
平成4年度 6 14
平成5年度 8 6
平成6年度 7 3
平成7年度 6 2
平成8年度 4 6
平成9年度 3 5
平成10年度 6 4
平成11年度 4 2
平成12年度 5 7
平成13年度 5 6
平成14年度 5 9
平成15年度 5 3
平成16年度 5 3
平成17年度 3 5
平成18年度 4 6
平成19年度 4 5
平成20年度 5 1
平成21年度 1 6
平成22年度 4 6
平成23年度 6 4
平成24年度 4 5
平成25年度 1 7
平成26年度 5 7
平成27年度 4 13
平成28年度 12
平成29年度 12
平成30年度 6 2
令和元年度 3 1
令和2年度   4
令和3年度 7 1
令和4年度 4 5
令和5年度 6 7
174 252