雑誌・書籍購入希望はこちら

協議会雑誌 2020年4月号

協議会雑誌 2020年4月号

●窓MEDICINE

《 「地域医療構想実現に向けた国による重点支援区域」選定を受けて 》

  • 公益社団法人 全国自治体病院協議会 常務理事 長浜市病院事業管理者 野田 秀樹
●当院の取り組み

《 地域医療での管理栄養士養成のための臨地実習とNST共同教育の効果 》

  • 矢掛町国民健康保険病院 栄養科 甲田友里恵
●全国自治体病院学会

《 第58回全国自治体病院学会 (徳島) 分科会推薦優秀演題 》

《 【看護・看護教育分科会】 》

《 集中ケア認定看護師の代理意思決定支援のアプローチ~意見が異なる家族を合意形成に導いた一事例~ 》

  • 砂川市立病院 看護部 渡辺 静香

《 消化器内視鏡検査における鎮静剤使用後の帰宅基準の検討~帰宅チェックスコア導入への取り組み~ 》

  • 徳島県立海部病院 外来・手術部 濱田 智美

《 『造影剤副作用判定』による情報共有 》

  • 碧南市民病院 看護部( IVナース) 新美みゆき

《 【臨床医学分科会】 》

《 BLueSea志摩市五万人全員を診る、地域医療に学生の居場所を探して 》

  • 志摩市民病院 学生 椋野  拓

《 【薬剤分科会】 》

《 小牧市民病院における外来通院中のがん患者に対するオピオイド導入支援チームの取り組み 》

  • 小牧市民病院 薬局 近藤 綾子

《 【臨床検査分科会】 》

《 臨床検査技師による検査結果説明の紹介 当院におけるDNAミスマッチ修復蛋白免疫組織化学染色(MMR-IHC)の実際 》

  • 茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 病理部 小井戸綾子

《 【放射線分科会】 》

《 急性期脳梗塞に対する短時間MRIプロトコール運用の実臨床成績 》

  • 小樽市立病院 放射線室 伊原  陸

《 【経営・管理分科会】 》

《 「統合病院6年の軌跡 黒字化への道」 ~病院統合の効果を医療の質及び経営面の双方向から考察する~ 》

  • 掛川市・袋井市病院企業団立中東遠総合医療センター 経営戦略室 石野 敏也

《 AI(機械学習)を活用したレセプト算定漏れ検知システムの開発と進捗状況 ~先進システム開発を通じた入院請求担当係の教育と経営改善へのチャレンジ~ 》

  • 蒲郡市民病院 事務局医事課 清水  一

《 インバウンド救急対応 国際診療プロジェクトチーム 》

  • 沖縄県立宮古病院 総務課 松元 博久
●研修会・講習会予定表

《 2020年度研修事業計画 》

《 2020年度海外医療視察研修団のご案内 》

●シナプス

《 精神科自治体病院として初の公設民営化を経て見えてきたもの 》

  • 福岡県立精神医療センター太宰府病院 院長 小嶋 享二
●事務長より一言

《 病院経営は“究極のまちづくり” 》

  • 京丹後市立久美浜病院 事務長 葛原 睦民
●人明かり

《 看護師長育成の取り組みと成果 》

  • 公立大学法人福島県立医科大学会津医療センター 副院長兼看護部長 松本  光
●ファルマ

《 仙台市立病院の紹介と薬剤科の現状 》

  • 仙台市立病院 薬剤科長 成ヶ澤稔彦
●ラボラトリーズ

《 リハビリテーション病院の検査部について 》

  • 兵庫県立リハビリテーション西播磨病院 主任検査技師 谷  洋美
●スキャッタリング

《 東京都立松沢病院の紹介 ~精神疾患専門病院の特徴~ 》

  • 東京都立松沢病院 診療放射線科 医長 雨宮きよみ 総括課長代理 栗田 宗明
●えいよう

《 部分的ニュークックチルを導入して 》

  • 岩手県立二戸病院 診療支援室 栄養管理科 栄養管理科次長 阿部千佳子
●チームリハビリ

《 松江市立病院がんセンターの新たな取り組み がん患者専用フィットネスルームの運用と効果 》

  • 松江市立病院 理学療法士 井原 伸弥
●クリニカルエンジニア

《 松戸市立総合医療センター 臨床工学科の紹介 》

  • 松戸市立総合医療センター 臨床工学科技師長 森村  智
●寄稿

《 地域病院で展開する医科歯科連携 ~連携から協働へ~ 》

  • 町立西和賀さわうち病院 医師 北村 道彦
●書評

《 「令和の改新」日本列島再輝論 》

  • 公益社団法人 全国自治体病院協議会 会長 小熊  豊
●Information

《 医療の質の評価・公表等推進事業のご案内 》

《 「Nursing Nou キャンペーン」 》

●全自病協会議

《 常務理事会概要 【令和2年2月】 》

●政府等の主な出来事

《 令和2年2月 》

●編集者の手帖

《 新型コロナウイルス 》

  • 島根県立中央病院 病院長 小阪 真二